求められているのはベテランの経験

経験豊富なベテランの必要性

若いエンジニアは、新しい技術に対する順応性が非常に高いです。難しい新技術も、みるみるうちに吸収していきます。これからの次代を担う若いエンジニアには、新しい技術に次々とチャレンジしてもらいたいものです。
一方で、中高年となったエンジニアは、どうしても新しいことに対応するのが難しくなってきます。体の衰えと共に、記憶力も多少は低下してしまうものです。しかしながら、技術開発の現場において、中高年のエンジニアが存在することの意義は大きいでしょう。なにより、ベテランのエンジニアは多くの開発経験を持っています。その経験には、失敗も多く含まれているものです。技術開発において、その失敗の経験こそが大切といえます。過去に失敗の経験があれば、同じ失敗を繰り返すことを避けられるからです。エンジニアの求人で、若手だけでなく就航年の技術者を募る案件が多いのも、経験豊富なエンジニアを開発現場では必要とするためといえます。そのため、中高年のエンジニアの役割は、過去の開発経験を活かして助言を行うというものです。
ベテランは、開発中で見つかる問題点を過去の失敗の経験から発見し、トラブルを未然に防げます。ベテランがいる開発現場は、若手技術者にとって心強いでしょう。経験が少ないエンジニアは、何が開発上の問題になるのかよく分かりません。迷ったとき、ベテラン技術者からのアドバイスがなにより頼りになります。高齢の技術者もまた、自身なぜ必要とされているのか理解し、その役割を果たすよう心掛けが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TITLE

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

TITLE

最近のコメント

    Tag Cloud